本当のお金に困らない生活を手に入れるために絶対避けられないこと

はい、どうもニル(@nirlog36)です。

田舎に移住して「お金を稼ぐ」ということにエネルギーを使わず、最小の生活を目指していました。

でもこれって「本当にお金に困らない生活ではないんじゃない?」って。やっぱりお金に困らない生活を手に入れるには「稼げる人」になる必要がありますよ。

本当にお金に困らない生活を手に入れるには「稼ぐ」ということを避けてはいけないんですよね。

生活コストを下げるのはもちろん大事

お金に困らない生活を手に入れるために、生活コストを下げることはもちろん大事。無駄使いをしていれば当然お金はなくなっていきます。

収入が少ないのに、支出が多ければ家計が破たんするのは当たり前の話です。

「生活コストを下げる」ということは大前提であることに間違いはありません。

田舎に移住して釣りを覚え、小さな一軒家で嫁と二人で住んでいます。これで十分幸せなんですけどね。

でも「物のいらない生活」をしていると物欲も無くなっていくんです。これに少し危機感を覚えました。

とある鬱の先輩に言われました。

「食欲」「性欲」「物欲」が無くなったら鬱と一緒だよって。

あ~、確かにな!って。

鬱に悩まされた時代にさまざまな薬を飲んでいたんです。その中に「欲」を抑える薬があったんですよね。

「死にたい」という感情を抑えるように処方されていたのですが、この状態がまさに「食欲」「性欲」「物欲」がない状態だったなと。

つまり人として人生を歩む以上「欲」を満たす喜びを失ってはいけないと感じたんです。

「稼がない」と「稼げない」は違う

今まで書いてきたブログには「欲」なんていらないよ!最小で生きればいい!なんて書いてきました。

それを覆すことになるんですけどね。今は「稼ぎたい」気持ちになっているんです。

「稼がない」と「稼げない」は違う。現状の自分は後者。

小銭を稼ぐスキルはあるけど、平均年収を稼ぐスキルは残念ながらないんですよね。

平均年収なんてくだらないですけどねー。でも一つの指標としては参考になります。

もちろん過去の経歴でいえば「稼げていた」時代もありました。でもそれはあくまで雇用されていただけ。

しかも今ではその在籍していた企業も給料カットがされた模様です。そう考えるとやっぱり「個」の力で稼ぐって大事ですよね。

そこで形にこだわらず、「個」の力で平均年収を稼ぐことを目指そうと動き出しました。

冷静に考えれば、今の支出で平均年収を稼げるようになれば間違いなく「豊か」なことは間違いないです。

稼ぐという能力を手に入れよう

きれいごとは言いませんよ。「豊か」はお金があったほうが断然有利です。

「お金がなければ」という考え方も嫌いですが、お金はあったほうがいいんですよ。

それこそお金に困らない生活をしたいなら、「稼ぐという能力」を身に着けることが近道なんです。

別にこのブログを「稼げる系」のブログにしようとしているわけではありません。純粋に稼ぐ力が欲しいなって感じているし、稼ぐ力は必要だという事実を突き詰めたいだけです。

なので最後まで読んで「お金に困らない生活を手に入れたい方はこちら→」みたいなリンクもないですよ(笑)。ご安心ください。

言い訳の「生活コストを落とした生活」より、生活コストを抑えて「欲」を満たすほうに魅力を感じませんか?という話です。

稼ぐことは避けられない

本当にお金に困らない生活を手に入れるために避けられないことは「稼ぐ」という事実に向き合うことです。

お金に困らない生活は結局「お金」があればいいんですよ。

生活コストを抑えることは覚えました。別に食べるものに困ったら魚を釣ればいいし、プランターで野菜を育てればいい。

この暮らしと「稼ぐ」という力を合わせれば、「本当にお金に困らない生活」を手に入れることができることは目にみえています。

「お金」や「稼ぐ」という響きを嫌う人たちが多いです。それでも稼ぎたい。

自分の人生を豊かにするために稼ぎましょうよ。